商標登録の更新と維持費用

是が非でも商標登録の更新を望む現状の見極め

是が非でも商標登録の更新を望む現状の見極め 商標登録の効力は永続的に続きませんから、頃合いを見計らって更新の手続きを行う必要性に駆られます。
更新することは商標登録した当事者の義務であるものの、強制されているわけではありません。
熟考した結果として更新しない判断も認められていますし、商標登録によって生じる利益を維持するために手続きに臨む場合もしばしばです。
商標登録の更新には相応の費用が必要なので、経営状態などから複合的に現状分析を進めることが肝心です。年数経過とともに利益が増加しているのであれば、是が非でも期限までに完了させておくに越したことはありません。
権利を行使できなくなった途端に、同業他社が我先にと名称を取得し出すからです。とすると、製品の一部分に明記したり公の場で発言することさえ認められなくなります。
事業の進捗度合いが鈍る結末の到来は言わずもがなであるために、期限がいつ切れるのかを注視しながら事業を続けて収入源の一部を守り抜きます。

10年ごとに必要となる商標登録の維持費用

商標とは、自社の商品やサービスと他社の商品やサービスを識別するための標識の役割を果たします。
つまり、企業のロゴマークや商品名を目にしただけで、それがどこの企業が提供をしているのかを消費者に対して分かりやすく示す役割を商標というものは担っているのです。
そのため、この商標というものは企業にとって非常に大切な資産であり、その大切な資産を他社の模倣行為から守らなくてはなりません。そこで行われるのが商標登録の手続きです。
商標登録のされた商標は、法律によってその権利が保護されることになります。そのため、他社が商品名やロゴマークを模倣してきたときには、その行為を法的に排除することができるのです。
ただし、この商標登録は一度しておけば半永久的にその効果が維持できるというわけではなく、定期的に更新登録を行う必要があり、そのたびに維持費用がかかります。
この更新登録は10年ごとに行うことになるので、商標登録の維持費用として48,500円×10年間分の金額が必要になってきます。